薬事申請の薬剤師の悩みは?

薬事申請薬剤師求人TOP >> FAQ >> 薬事申請の薬剤師の悩みは?

薬事申請の薬剤師の悩みは?

薬事申請の薬剤師のやりがいというものは、非常に沢山に感じている方が多い一方で、転職を考える場合には、薬事申請の薬剤師特有の苦労というものを知りたいと思うのは当然でしょう。ここでは薬事申請の薬剤師が多く抱える悩みなどを紹介していきましょう。まずいちばん最初にあげられるのは、英語力が必須条件であるということです。TOEICのスコアでは700点前後のスコアでも、薬事申請の仕事をすると苦労をすると言われています。

実際に薬事申請の仕事をしている方の中でも、英語力に自信があり、TOEICスコアでも800点台後半から900点台中盤といったような高い英語力の持ち主でも、薬事申請で使う英語力には、かなり苦労をするといったことが言われています。薬事申請で利用する英語は、とにかく専門用語が多いとされているからです。一般的な英語力があっても、医学用語などの幅広い知識を有していない限り、苦労をするのは当然と言って良いでしょう。

他にもやはり多くの他人との関わりがあるということです。対人関係に優れた人材やコミュニケーションをこちら側から積極的に取れるような人間でない限り、続けていくことが難しいとされています。新薬開発の総合的な窓口としての役割を担っていくことが求められるため、その開発や流通に携わる様々な人間とのコミュニケーションが必要になってくるわけです。探索研究を行うことから始めて、臨床試験を経て、国から製造販売の承認を得るといった一連の作業に絡むことになるのです。

承認を得るためには、役人と折衝をしたり交渉を重ねるといったことも必要になってきます。とにかく自社や他社のプロジェクトに関わっている人間はもちろん、医療関連、研究者、国の役人など、とにかく様々な人間とのコミュニケーションが必須の仕事だと言えるからです。人間関係ほどに苦労をすることはないといえるでしょう。十人十色ですから、様々人間が存在します。その中でしっかりとプロジェクトを前に進めなければならず、あらゆる関係者の窓口や橋渡し的な役割も求められるという苦労がつきまといます。

このようにざっと挙げただけでも、様々な苦労を伴う職種であるということがわかったでしょう。しかしながら、多くの苦労があるからこそ、高いやりがいを感じる職種でもあるのです。その上でしっかりと成果を出す事ができれば、その分給与などの待遇面にでも跳ね返ってくることになりますから、充実感を感じることが出来ると思います。

薬剤師の薬事申請の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬事申請の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.