薬事申請の薬剤師は不足してる?

薬事申請薬剤師求人TOP >> FAQ >> 薬事申請の薬剤師は不足してる?

薬事申請の薬剤師は不足してる?

薬剤師の転職先として、薬事申請の仕事が挙げられますが、薬事申請の薬剤師というのは、不足しているのでしょうか。結論から言ってしまうと、薬事申請に携わる人材というのは、通常の求人と同様に、多くもなく少なくもないといった状況になっています。ただし、一般的な調剤薬局や、ドラッグストアといったもの。他にも病院薬剤師といった求人と比較すると、その求人数はごくわずかと言わざるを得ません。数が少ないということは、それだけ人材は確保出来ているといるでしょう。

そもそも薬事申請の仕事というのは、一度転職を成功させたり、就職が成功してしまうと、そこまで頻繁に転職を繰り返すといったケースは少なく、定着率が高い職種でもあるのです。一般的には未経験者の場合で、3年程度同じ職場に定着するとされ、経験者のキャリアップや待遇面を考えた転職であったとしても、2年程度は同じ職場へととどまるケースが多いとされているのです。

基本的には薬事申請というものには、新薬や新しい医療機器をマーケットに送り出すために必要な作業になりますから、時間というものが掛かります。薬事申請のプロフェッショナルである以上、自分が抱えている案件を他人に丸投げにしてやめるといったことを選択する方は非常に少ないわけです。基本的にはプロジェクト単位で仕事を進めていくことが多いわけですから、定着率が高くなるとされているのです。

未経験者の場合でも、薬事法関連などの法律関係の知識を習得したり、様々な専門用語を覚える必要が出てきます。その上で薬事申請でよく利用する英語の習得。こういったものも、業務を進めていく上では必要になってくるものですから、習得するのには、早くて2年程度の期間を有すると言われているのです。ですから、自然と定着率が高くなり、結果として、入れ替わりの激しい調剤薬局や病院機関、更にドラッグストアなどの薬剤師のスタンダードな転職案件よりも、数が少ない状況にあるのです。

一般的に薬剤師を始め、看護師やドクターといった医療関連職種は、不足傾向であるのが当たり前であり、入退職を繰り返すと言われています。しかしながら薬事申請の薬剤師という職種の場合には、医療業界では珍しく比較的に定着率の高い職種であり、ある程度に人材は補充されている傾向が強い職種でもあるのです。ですから、一般的な医療関連職種のように売り手市場にはなっていないということだけは覚えておきましょう。

薬剤師の薬事申請の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬事申請の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.