薬事申請の薬剤師の自己PRは?

薬事申請薬剤師求人TOP >> FAQ >> 薬事申請の薬剤師の自己PRは?

薬事申請の薬剤師の自己PRは?

薬事申請薬剤師の転職でおすすめしたい自己PRは書類作成能力です。

薬事申請は、薬に関する知識だけではなく書類を正確に作成するための技術も求められる仕事です。薬剤師は、薬を間違えないように正確に調剤して処方するというスキルが必須となっていますが、書類を作成するという技術はあまり求められないでしょう。

しかし薬事申請薬剤師として働くときは、臨床試験にも関わる書類を作成することがあるので、しっかりとした書類を作成する必要があります。 医療従事者やスタッフ、行政法人と関わるので、コミュニケーション能力も必要となります。薬剤師と患者ではなく、同僚同士のコミュニケーション能力が重要なのが薬事申請薬剤師の仕事なのです。

そして最近は、英会話能力も求められるようになりました。 アメリカや欧州などの外資系製薬メーカー内の薬事申請薬剤師になる可能性もあるので、読み書き程度の翻訳業務がある場合もあります。 そのため、外資系製薬メーカーの薬事申請薬剤師はTOEIC600から800点ほどの英会話スキルが求められる可能性があります。外資系メーカーでなくとも、日常会話をこなせる程度の英会話スキルは薬事申請薬剤師の自己PRにはおすすめです。

薬事申請薬剤師は、近年とても人気が高まっている薬剤師の仕事です。 薬剤師というと調剤薬局、病院、ドラッグストアで働いているイメージが強いですが、薬事申請薬剤師は医療関係の場とはまた違ったポジションの薬剤師の仕事です。 忍耐力が必要で、辛く厳しい場面もありますが、やりがいもあり、スキルアップも出来て、給料も高いと評判の仕事です。薬事申請薬剤師になりたいという人は沢山います。

そのため、自己PRをしっかりと行わなければ面接で受かる可能性が低くなってしまいます。特に薬事申請未経験の方が採用される可能性は低いでしょう。 そのため事前に必要なスキルを磨いたり、自己PRをきちんと考えておく必要があります。未経験者が薬事申請薬剤師に採用されることはあまりありません。どうしても、経験者優遇になってしまうでしょう。

しかし未経験でも経験者と劣らないほどのスキルがあったり、年齢的に若かったり、適正があれば受かる可能性が高くなります。 前職で書類作成に関してのスキルが高かった部分や、パソコンに関してのスキルがあるということをアピールすれば、未経験でも即戦力になりうる人材だということがアピールできるはずです。

薬剤師の薬事申請の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬事申請の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.