薬事申請の薬剤師の年収平均は?

薬事申請薬剤師求人TOP >> FAQ >> 薬事申請の薬剤師の年収平均は?

薬事申請の薬剤師の年収平均は?

薬事申請は、ある意味で薬剤師の資格をフルに活用でき、医薬品のスペシャリストとして活躍することが出来るレベルの高い職種と言えるでしょう。薬事申請関連の職種につきたいと思った場合、その転職先は大手医薬品メーカーであったり、医薬品機器メーカーといったところになります。薬剤師の転職先の中でも、大手と呼ばれるような企業や、外資系企業といった所が転職先になることから、待遇面などの高さは折り紙つきです。

薬事申請関連の職種の場合、年収は気になる所でしょう。基本的には平均で400万円から800万円と年収に非常に差が大きな職種でもあります。どうしてここまで年収差があるのかといえば、それは未経験者向けの求人と、即戦力が欲しいという経験者向けの求人とに分けられるからです。ここにマネージャーなどの上流職種を含めた場合には、平均年収は一気に上がります。薬事関連のマネージャークラスになれば、年収は1000万円オーバーというところも珍しくありません。

薬事関連の仕事内容としては、医薬製品の品質管理といったものや、品質保証に関しての情報収集を行なっていきます。更に、医薬品や原薬などの副作用についての情報などを行うということも、非常に大事な薬事関連を担当する薬剤師の役割になります。また官公庁との交渉事なども頻繁に行われるため、業務内容的には非常に大変な仕事だと言えるでしょう。しかしながら、基本的にはその分だけ年収面でも優遇されるものなのです。

実際に一般的な調剤薬局などに勤務していた薬剤師が、製薬会社の薬事関連の職種につき、年収で200万円近くアップしたというような実例も存在しています。ですから、年収アップを目指すのであれば、薬事申請関連の求人に応募するのが一番てっとり早い転職方法と言えるでしょう。一般的な転職求人の場合では、ここまでの年収アップを実現させるためには、マネージャーなどの上流職種への転職を実現させない限り、難しいと言わざるを得ません。

薬事関連の求人の中でも、それぞれの製薬会社などによって、年収の幅があるのは正直なところです。年収アップというものを第一のポイントとして転職をするのであれば、薬事申請関連の求人を薬剤師の方が選択するのは良質な選択と言えるでしょう。薬事申請関連の求人は一般的な薬剤師求人よりも年収などの待遇面は良いのですが、その分求められるスキルや知識、経験というものを応募条件として課していることが多いという特徴を覚えておきましょう。

薬剤師の薬事申請の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬事申請の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.