薬事申請の薬剤師になるための資格は?

薬事申請薬剤師求人TOP >> FAQ >> 薬事申請の薬剤師になるための資格は?

薬事申請の薬剤師になるための資格は?

薬事申請の薬剤師になるために、特別な資格が必要なのかといった疑問をお持ちの方は多いと思います。ぶっちゃけて言ってしまうと、薬事申請の薬剤師になるために、薬剤師資格以外に必要な資格というものは存在しません。ただし、一般的な薬剤師として働くことよりも、より高い様々な知識やスキルというものが求めれるというのは、言うまでもありません。薬事申請の薬剤師になるためには、基本的には、あらゆる面での向上心が基本になってきます。

まず、必須スキルとされているのは、英語力になります。薬事申請の仕事を行なっていく上で、例えば、文献調査というものをリサーチする時でも、英語で書かれた文献を元に仕事をしていきます。文書の読解力はもちろん、英語の読み書きといったもの。他にも関係各所へと問い合わせも必要ですから、英語の会話力も必要になってきます。英語力の水準としてはTOEICスコアで735点といった所がボーダーラインといえるようです。

実際にTOEICスコアで900点以上のスコアをお持ちの方であっても、まったくの未経験から薬事申請の仕事を行うとなれば、かなりの苦労があるようです。普段で使っている英語とは違い、薬学系の専門用語であったり、法律などの専門用語であったりしますから、なかなかに苦労をするという方が非常に多いものなのです。こういったことがあるからこそ、薬事申請の薬剤師は経験者の方が有利に立つといった傾向が見られているのです。

他にも、やはりオフィス関連の資格を有していると優遇される傾向があるでしょう。薬剤師の資格を持ち、TOEICスコアを高く持っていたとしても、結局メインになってくるのは、10種類から50種類とも言われている書類作成がメインの仕事になります。つまり、文書作成能力が高くないとやっていけない職種ですし、それに用いるワードなどの文書作成ソフトを使いこなせる必要があるからです。マイクロソフトの各種検定などは、簡単に受験することも出来ますから、できれば事前に取得しておきたいところですね。

優位になるような条件というものは、上記のようなものが挙げられますが、実際には職場に入ってからの努力が一番大事だとされています。事前にいくら資格取得をしても、結局、職場に入ってから非常に苦労をされている方が多いのです。英語力にしても、薬学や薬事法などに関しても、とにかく入職して仕事を行なってみなければ、難しさを感じることは出来ないものなのです。ただし、ないよりもある方が有利に働くのは当然ですから、参考までに覚えておきましょう。

薬剤師の薬事申請の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬事申請の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.