薬事申請の薬剤師になるメリットは?

薬事申請薬剤師求人TOP >> FAQ >> 薬事申請の薬剤師になるメリットは?

薬事申請の薬剤師になるメリットは?

薬事申請薬剤師は、他の薬剤師にはないメリットが沢山あります。

まず、給料が高いという点です。 病院や調剤薬局で働く薬剤師の平均年収は500万円ほどですが、薬事申請薬剤師の年収は、600万円から1000万円が平均だと言われています。これは、薬事申請薬剤師が資格、スキル、知識が求められる仕事だからでしょう。年収相応のスキルが必要だからこそ、この給与になります。 外資系の薬事申請薬剤師になった場合は年俸制になることが多く、1000万円以上になることも珍しくはありません。

薬剤師で1000万円以上の年収になることはあまりありません。 そのため、年収を重視するのであれば薬事申請薬剤師はとてもおすすめの仕事です。薬事申請薬剤師としての実績や経験があれば、転職活動もそこまで困難ではありません。 新しい薬事申請薬剤師の転職先もすぐに見つけることが出来るはずです。

年収が高く、個人の高い能力を発揮できるのが、薬事申請薬剤師のメリットといって良いでしょう。

また、薬事申請薬剤師の仕事はとてもやりがいがあります。 薬剤師の仕事は人の病気を治す、薬を処方するという仕事が多いですが、薬事申請薬剤師の仕事は医薬品、医療機器、化粧品といった生活に欠かせないものを世の中に送り出すことが仕事です。 直接患者さんの手助けをしたり医療に携わるということはありませんが、日々の生活のクオリティを上げたり、健康の支えになるような商品の開発のお手伝いをすることが出来ます。

最後に達成感です。 薬剤師の仕事の達成感といえば、薬の調剤を行い人が笑顔になること、病気が治ったときの笑顔を見られることでしょう。 しかし薬事申請薬剤師の達成感は、難しい申請を通したときに訪れるのです。 薬事申請薬剤師は、メーカーの研究開発部門、外部専門家など、本当に沢山の人たちとかかわり仕事をしていきます。 多くの人が関わった仕事の結果をいかに納得がいくようにプレゼンするか、厳格なルールに基づいた書類を作成するかのスキルが重要視されます。

時には何度もやり直しになったり、なかなか申請が通らず研究がやり直しになる場合もありますが、申請が通ったときにはかなりの達成感を得られるでしょう。

このように、薬事申請薬剤師として働くと沢山のメリットが得られます。 病院、調剤薬局、ドラッグストアなどで働く薬剤師とは全く違った経験や達成感を得られる職場だからこそ、やりがいを感じることが出来るのでしょう。

薬剤師の薬事申請の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬事申請の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.