薬事申請の薬剤師になるデメリットは?

薬事申請薬剤師求人TOP >> FAQ >> 薬事申請の薬剤師になるデメリットは?

薬事申請の薬剤師になるデメリットは?

薬事申請薬剤師はとても大変な仕事であるため、デメリットも沢山あります。

まず、薬事申請薬剤師では薬のスキル以外にも求められるスキルが多いことです。 薬事申請の書類は専用のソフトウェアを使い、オンラインのフレキシブルディスクで行われます。そのためパソコンスキルも求められるでしょう。 書類を正確に素早く作るだけではなく、ミスなく仕上げる必要があります。

また、総括製造販売責任者の資格があると薬事申請薬剤師として有利に働きます。転職の際にもおすすめの資格ですが、薬事申請薬剤師として働く上で必要になり取得をする人もいます。医薬機器を扱うメーカーで働いている場合は、生物学、工学、金属学、機械学、情報学などさまざまな専門知識が必要になる場合があります。

そのため、薬事申請として働いている間は新しい知識をどんどん蓄えなければいけません。薬剤師として働いていると基本的には薬に関わる知識を身につける必要がありますが、薬事申請薬剤師は薬以外の知識も豊富に必要になります。薬以外のことに興味がないと働くことは難しいでしょう。 また、薬事申請は、薬剤師でなくても働くことが出来る仕事です。 薬剤師の資格を持っていたほうが働きやすい現場ではありますが、必須な資格ではありません。

薬事申請は薬事担当、薬事スペシャリストと言われていますが、薬の専門家ではありませんから、その点でも薬剤師から転職をすると苦労するかもしれません。 薬事申請薬剤師は英語力も必要となります。 医療機器や製薬の専門用語は英語で記載されていることが多いですし、外資系企業の場合は会議やレポートも英語です。そのため、英語のスキルを身につけなければいけない場合もあります。

薬事申請薬剤師として働くためには、薬以外の専門知識も多数必要になりますし、英語スキル、公文書スキル、事務的なスキルも欠かせません。 仕事もとても忙しく、辛く根気のいる場面も多いでしょう。

そのため薬事申請薬剤師として働くと、とても大変な場面が多いでしょう。スキルアップのため、新しい知識を身につけるため、給与アップのために薬事申請薬剤師を目指す人も多いですが、薬事申請薬剤師と普通の薬剤師は全く違う仕事内容です。

実際に働いてみて、想像以上に辛く大変で挫折してしまう人も珍しくはないでしょう。薬事申請薬剤師は、やりがいはあるけれども大変な点、覚える知識が多い点がデメリットです。病院や調剤薬局の薬剤師とはまた違った意味で大変な仕事だということを理解したうえで目指しましょう。

薬剤師の薬事申請の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬事申請の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.