薬事申請の薬剤師の適性(向き・不向き)は?

薬事申請薬剤師求人TOP >> FAQ >> 薬事申請の薬剤師の適性(向き・不向き)は?

薬事申請の薬剤師の適性(向き・不向き)は?

薬事申請薬剤師の仕事は、厚生労働省に対して承認をもらうための申請書類を作ることです。

日本国内の新薬製品メーカーや外資系医療機器メーカーは、医薬品、医薬部外品、化粧品や医療機器などを製造販売するときに、厚生労働省から承認をもらわなければいけません。この申請のときに必要となるのが、薬事申請薬剤師が作った書類です。

薬事申請の書類作成は、申請用のソフトウェアを使い、オンラインにてフレキシブルディスクで行います。薬事法に基づいた製品構造、品質、治験データなどを詳しく記載した承認申請書と添付書類を提出し、審査を待ち、審査が通って初めて製品の販売が可能となるのです。 薬事申請薬剤師の仕事は、商品が販売できるかどうかに関わる、とても重要な仕事となっています。

そのため薬事申請に向いている人は丁寧な仕事が出来る人、粘り強く根気のある人、コミュニケーション能力の高い人です。 まず、丁寧な仕事をするという点は、薬事申請に限らず薬剤師のどの仕事においても重要なことです。病院や調剤薬局で働く場合も、ミスが許されない現場で正確な仕事を求められます。

薬事申請薬剤師は人の命に関わっているわけではありませんが、企業の人たちが何度も研究した結果が実るかどうか重要な役割を担っています。そのため、ミスがなく安全性、有効性、適合性が化学的に証明できているかどうかの書類作成をしなければいけません。 この書類にミスがあると認可されることはないので、とても重要な仕事となっています。

薬事申請薬剤師が作成した書類は、何度も手直しや修正が必要になる場合があります。丁寧な書類を作っても再調査、再検査になることも多いため、打たれ強く忍耐強くなければいけません。そのため、一つ一つの業務を着実に正確に、粘り強く進める根気が必要です。

最後に、コミュニケーション能力です。 薬事申請薬剤師は、患者や医師ではなく、企業のスタッフと信頼関係を築いていかなければいけません。病院や調剤薬局薬剤師とはまた違ったコミュニケーションスキルが必要となります。

ただ正確な書類を作るだけではなく、スタッフの研究結果を認めてもらうための書類を作るための作業です。日ごろから同じ職場の人たちとのコミュニケーション能力を身に着けなければいけないでしょう。 そのため、人と関わらず書類を作成したいという人や、何度も同じような作業をするのが苦手な人には、薬事申請薬剤師は向いていません。

薬剤師の薬事申請の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬事申請の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.