調剤勤務から薬事申請へ転職した20代女性の体験談4

薬事申請薬剤師求人TOP >> 薬事申請への薬剤師転職体験談 >> 20代女性の体験談4

調剤勤務から薬事申請へ転職した20代女性の体験談4

調剤薬局薬剤師として働き始めて2年経ったくらいから転職について考えるようになりました。調剤薬局の薬剤師の仕事は楽しかったのですが、単調な日々でやりがいを感じられなくなってきたんです。 だから、時間はかかっても良いから納得の行く、一生涯働けるような仕事に出会いたいと思い、少しずつ転職活動の準備を始めていました。

私の希望は20代のうちに転職、スキルアップが出来る、さまざまな知識やスキルを学んだり生かすことが出来る、給与も今より高いということです。 メーカーの薬剤師、総合病院の薬剤師などを紹介して貰っていくつか調べていくうちに見つけたのが、薬事申請の薬剤師です。 しかし、難点は未経験者が採用される確率は低いという点です。私は薬事申請の仕事内容を調べていくうちにとても魅力を感じ、薬事申請に受かるように様々な努力をしました。

働きながら総括製造販売責任者の資格を取得し、TOIECも700を取りました。やはり資格は重要だと思います。この二つの資格が薬事申請への転職には有利に働くということをネットの情報で知り、勉強をしたり資格取得のためのをするようになりました。たとえ資格を取得できなくても、働くときに役立つ知識だと思えたので勉強を頑張ることが出来たんです。

もちろん面接対策や自己PR方法などもしっかりと調べました。最近はインターネットを調べるとすでに薬事申請薬剤師として働いている人の体験談や、薬事申請薬剤師の面接を受けたという人の記録を確認することができたので、どんなことをすればよいのかがわかるので参考にしました。 結果的には、面接に受かり薬事申請薬剤師として働くことが出来ました。

やはり未経験での採用はかなり珍しかったとのことですが、私が面接対策を万全にしていて、薬事申請薬剤師として活かせる資格も持っていたということが、未経験でも採用に至った理由だったそうです。もちろん年齢が若かったこと、薬事申請の仕事を沢山調べてきたということも良かったみたいですね。

今回、時間をかけて求人を沢山見たおかげで薬事申請薬剤師という仕事を見つけることが出来ました。薬剤師の仕事は主に調剤薬局と病院、と思っていたので、普通に働いていたら薬事申請の仕事を知ることがなかったと思います。

周りの薬剤師も、基本的には病院などで働く人ばかりで薬事申請の仕事を珍しいといっています。けれども凄く働き甲斐がある仕事ですし、薬剤師のスキルも知識も生かせる、とても働き甲斐のある現場です。

薬剤師の薬事申請の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬事申請の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.